見つけられるホームページにするには。

タグの見直しは重要ポイント

企業や個人が作成するホームページには、内容自体はしっかりしているものの、作成している側がタグの重要性を理解していないためになかなかユーザに見つけてもらえずに損しているケースが多々あります。それでは、せっかくの良い内容が無駄になってしまいますので、早急にタグ構成の見直しをする必要があります。例えば、TITLEタグは昔から変わらずサーチエンジンで高い順位を獲得する上で重要なタグのためTITLEタグには面倒でも各ページごとの内容に合う独自のフレーズを挿入する形が望ましいです。また、ロボットには心がないので細かい内容は把握できず、H1、H2、H3といった見出しタグを手掛かりにどんな内容のページかを推測します。そのため、テンプレートに見出しタグが組み込まれていない場合は、見出しタグの見直しも必要になります。


とにかくコンテンツの質を上げる

前述通り、ロボットには心がないため各ページの内容の素晴らしさまでは理解することが出来ません。その一方でサーチエンジン側では被リンク数は把握できるため、今まで被リンクが多いページは「他人に紹介したくなるほどの良いページ」という考えのもとで高く評価してきました。それに加えて「滞在時間の長いページは良い内容のページである可能性が高い」という考えのもと、リンク数が少なくても滞在時間が長いページが安定して高い順位をとれるようになってきています。つまり、やはり「内容第一」ということなのでタグの見直しだけでなく、今後はますます滞在時間を長く稼ぐことが出来る、素晴らしいコンテンツ作りが大事になると予測されています。ただし、注意点が一つあり、無意識であってもページ内に同じ語句があまりにも多く登場しすぎると順位が大幅に降格になる恐れがあります。そのため、同じ語句が登場しすぎないように注意することは必要です。