良コンテンツ≠良ホームページ!?

アクセスが集まる良ホームページを作る

ユーザーが多く集まるホームページを作るためにはSEO対策を講じると効果的です。SEO対策とは検索エンジンで上位に表示されるように工夫する事です。
なぜ検索エンジンで上位に表示されるようにするSEO対策によってホームページにアクセスが集まるのかというとホームページに集まるアクセスの割合で一番多くを占めるのが検索エンジンからの流入だからです。検索エンジンで上位に表示されるようにしてホームページへの流入を増やす事で検索エンジンで見つけたページ以外もユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。
検索エンジンの評価の基準はその時々で少しずつ変更が加えられる事もありますが、高い質のコンテンツや更新頻度の高いホームページが優遇されます。


高いコンテンツがホームページの評価を高める

ホームページの検索エンジンからの評価を高くするには質の高いコンテンツを少しでも多く作っていく事が大切です。そのため良質なコンテンツが良質のホームページを作り上げると言えます。逆に中身がないページを量産しても検索エンジンからは高い評価を得る事はできません。
コンテンツの質だけでなく更新頻度やキーワードの使用頻度によっても検索順位に影響があるので、コンテンツの質と合わせて意識してコンテンを作っていくと良いです。
検索エンジンから評価を下げるのはコピーコンテンツや反社会的な内容や不特定多数の人が見るのに不適切な内容のコンテンツです。検索エンジンからの評価を下げない為にも評価を下げる原因になるコンテンツは作成しないようにするべきです。