ホームページ作りで大事なこと。

スムーズにアクセスできるようにしておく

ホームページを作る上でもっとも大切なことだと言っても差支えがないのは「軽さ」です。
なぜなら検索サイトからアクセスする人がいても、表示されるのに十秒もかかっていてはページを閉じられてしまうからです。遅くても五秒以内には観覧できるようにしたいので、無駄なタグは削除してしまいましょう。加えて同じ装飾があるのも重くなってしまう原因になりかねません。そんな時にはスタイルシートを使っておくとサイズを小さくできる場合が多いです。
それからホームページの中には、すべてを読み込んでから表示するようになっていることがあります。これではアクセスした人に重いと感じさせてしまうので、読み込んだ順に表示できるようにするのも良い方法です。これなら最初のページを読んでいる間に、残りを表示できます。


見てもらうための工夫

一般の人やメジャーではない企業のホームページでは、タイトルにこだわりたいものです。
これが有名人のホームページなら、パッと見ただけでは何を言いたいのかがわからなくても問題はありません。ファンは我慢して最後まで見てくれます。それに対して、興味本位でアクセスした人の場合ではそうはいかないです。少しでも難解だったり、意味不明だったりすると、途端に別のホームページに移動されてしまいます。最低でも何を目的にしたホームページなのか、「売り」は何かがわかるタイトルをつけるように心がけましょう。
他にも、アクセスした瞬間に何かしらの入力を求めるような作りにしないというのも重要です。まだどのようなホームページかもわからないのに入力画面が出ると、怪しげなサイトだと思われて二度と見てもらえなくなります。